• ludo*ルード

多様な子ども、多様な生活スタイルと学びいろいろ

最終更新: 7月31日

ludoは、一般的な塾や学習教室とは趣が違っていまして、いろいろなプログラムを取り入れています。

どのようなお子さんに向けての教室なのかな?と疑問を持たれる方もいらしゃるかもしれません。

答えは、「どのようなお子さんにも来ていただきたい」です。



例えば、、


出口式みらい学習教室での論理国語は、無学年制。

文字を読んだり書いたりすることや、文章の読み取りにつまずきがあるお子さんにも、

将来の受験に向けて、土台となる国語の力をつけておきたいというお子さんにも

どちらにも適しています。

ludoは中学受験を目的とした教室ではありませんが、論理国語で培われた論理力は受験にも大きな力になっているようです。

これからの受験は、単なる知識のアウトプットではなく、エッセイ(小論文)の提出や、ディスカッションなど、読み取る力や表現する力を求められるようになるでしょう。

論理国語で培った論理力は、すべてのお子さんの大きな助けになると思います。

また、帰国子女の方や、外国にルーツのあるお子さんの日本語の学習にも大変おすすめだと思っています。

ジョリーフォニックスでの英語は、このメソッド自体がユニバーサルデザインになっていて、多感覚で学ぶことができるので、まさにどんな学びのタイプのお子さんでも、英語の基礎力をつけていくことができます。

小学校で英語が教科としてスタートしていますが、授業中「??」となっているお子さんの様子を耳にすることも。。。

45分の授業中、ずっと「??」のままって、ツライですよね。

ジョリーフォニックスが英語へのとっかかりに少しでもなればいいなと思います。


対話型学習では、

学校の学習につまずきやすいお子さん

学校の学習がゆっくりすぎて、持て余してしまうお子さん

効率よく学習を進めたいお子さん

勉強の計画をどうやって立てていいかわからないお子さん

など、それぞれの個性や希望に合わせて柔軟にサポートができます。

新型コロナによる休校の影響で、「学校の時程で足りない部分は家庭学習で行う」といった方針も文科省から出されていますが、その援助にもなれると思います。


また、多様になっている生活スタイルにも合わせて、受講の仕方もいろいろなパターンがあるだろうと思っています。

子どもの学びを近くで見ながら、親子で学んでいきたいと思うご家庭には、論理国語がおすすめですし、

お仕事などでお忙しいご家庭は、対話型学習にお任せいただければ、ご家庭での親子の時間をゆっくり過ごしていただけるかもしれません。


いずれも、これまでに学修した専門的な知見と、子育ての経験をもとに、少人数限定で丁寧にサポートいたします。

ご不明な点はどうぞお気軽にお問い合わせください。

37回の閲覧